サイト内検索
  • 会社概要
  • サイトマップ
  • ヘイ・パック2

    “安全” で使いやすく “経済的” な草調整剤

    ヘイ・パック2とは?

    “乳酸菌(BAC PAC)” と “防カビ剤(CHEM PAC)” の2つを水に溶かし、梱包時に、20~25%の水分を多く含んだ牧草にヘイ・パック2を添加することにより、 ヒートダメージやカビの発生のない良質の乾草を作ります。

    牧草の水分を 20~25%で梱包するメリットは?

    • 圃場での乾草日数を短縮できる
    • 栄養価の高い牧草を収穫できる
    • 1ヘクタール当りの牧草を収穫できる
    • 嗜好性・消化率の高い牧草を収穫できる

    ヒートダメージやカビの発生した牧草を家畜に給与した後の問題点は?

    • 繁殖障害
    • 飼養効率・増体率の低下
    • 生産乳量の低下
    • 牛乳ならびに肉の汚染

    梱包ベール乾草の貯蔵上の留意点は?

    • 水分含量を定期的にチェックする
    • 雨の当らない通気の良いところに貯蔵する
    • 牛舎の2階など密閉型の建物に貯蔵の場合は、常に換気を

    使用方法

    1.清潔な専用容器に『防カビ剤(CHEM PAC)』1缶(19L)を76Lの水に溶かし、よく混ぜます。
    2.牧草の梱包作業直前に『乳酸菌(BAC PAC)』1袋(113g)を1.の水溶液に加え、混ぜます。
    3.2. で出来た"ヘイ・パック2" を牧草1トン当り4~4.3Lを均一に添加します。
      (均一に添加するために、アプリケーターをご利用ください)
    4.2. で出来た"ヘイ・パック2" 水溶液は 12時間以内にご使用ください。
    5.使用後は、専用容器・アプリケーターを充分に水洗いしてください。
    ※乳酸菌(BAC PAC)は冷暗所に保管してください

    資料請求やご相談・お問い合わせはこちら

野澤組の本社サイト twitterFacebook
ページの先頭へ